Googleフォームを使って迷子札を作る

子供たちが自由に走り回れるようになり、ショッピングセンターやアミューズメント施設で迷子になるリスクが高くなったので迷子札の作成を検討しました。
迷子札の条件は以下のように設けました。

  • 子供の持ち物等に付けておく
  • 子供を見つけてくれた人が親に連絡できるようにする
  • 自分の連絡先を札に直接書くのは嫌
  • 連絡先が悪意ある人に漏れた時にすぐに変更できるようにしたい
  • 捨てメアドを作るのは管理など面倒なので嫌

そこで、Googleフォームです。
以下の流れで迷子札を作ってみます。

① Googleフォームで問い合わせフォームを作る。
② 作成したGoogleフォームのURLをQRコード化する。
③ QRコードが入ったアクセサリ等を作成する。

今回は迷子札想定で作成していますが、QRコードをシールにしてスマホや旅行バッグ等に貼っておけば、
紛失したとしても善良な人が拾ってくれたら連絡が来るかもしれません。

前提条件

既にGoogleアカウント(Gmail)を持っていること。

手順詳細

Googleフォーム作成

まず、Googleフォームで問い合わせフォームを作ります。
https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

フォームの内容は連絡者と連絡が取れる程度で良いと思います。

Googleフォーム1

フォームの設定を変えます。
右上の歯車アイコンをクリックして、設定ポップアップを開きます。

Googleフォーム2

まず全般タブでは基本的に全てのチェックを外しておきます。

Googleフォーム3

プレゼンテーションタブの「確認メッセージ」で連絡をしてくれた人に表示するメッセージを変更できます。

Googleフォーム4

テストフォームでは無いので、テストタブは何もしません。

次に連絡してもらった時の受け取り方を設定します。
回答タブを選択して『…』が縦に並んでいるアイコンをクリックします。

Googleフォーム5

そこで『新しい回答についてのメール通知を受け取る』にチェックを入れます。
これで誰かがGoogleフォームを送信してくれたら自分宛にメールが届きます。
連絡を受けた履歴をスプレッドシートに残しておきたいなら『回答先を選択』で選択しておきます。

Googleフォーム6

これでフォームは完成です。
右上の『送信』よりフォームのURLを取得します。

Googleフォーム7

QRコード作成

QRコード生成サービスを使ってGoogleフォームのURLをQRコード化します。
無料で使えるところだと以下のようなサービスがあります。
https://qr.quel.jp/

アクセサリー作成

生成したQRコードは色んな使い方ができます。
シールにしてもいいし、アクセサリーにしてもいいと思います。

今回はアクセサリーを作ってみました。
利用したのは以下のサービスです。
https://originalprint.jp/

アクセサリーのデザインは自分で決められます。
こんな感じで作れます。

迷子札サンプル

実際にスマホでQRコードを読み込んでGoogleフォームを開き、連絡先等を送信してみます。
自分のGmail宛にGoogleフォームが送信された旨のメールが届けば成功です。
(フォーム送信からメール着まで、だいたい1分弱のタイムラグがあります)

これを子供のカバンに付けておきます。
GoogleフォームのURLが悪意ある人に漏れた場合はGoogleフォームを作り変えればOKです。