メールサーバ構築(②dovecot編)

■環境
CentOS 7
dovecot 2.2.10

事前に①postfix編が終わっている前提とします。

必要な物をインストール

yum -y install dovecot

メイン設定ファイルの修正(vi /etc/dovecot/dovecot.conf)

protocols = imap pop3  
listen = *

認証設定ファイルの修正(vi /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf)
今回はパスワードファイルでの認証方式としてます

#disable_plaintext_auth = yes  
auth_mechanisms = plain login digest-md5 cram-md5  
#!include auth-system.conf.ext  
!include auth-passwdfile.conf.ext

メール設定ファイルの修正(vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf)

mail_location = maildir:~/Maildir

マスター設定ファイルの修正(vi /etc/dovecot/conf.d/10-master.conf)

unix_listener /var/spool/postfix/private/auth {  
  mode = 0666  
  user = postfix  
  group = postfix  
}

SSL設定ファイルの修正(vi /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf)

ssl_cert = </etc/pki/sample/sample.crt  
ssl_key = </etc/pki/sample/sample.key  
ssl_ca = </etc/pki/sample/sampleCA.crt  

認証パスワードのCRAM-MD5で暗号化した文字列を生成します。

doveadm pw -s CRAM-MD5  
Enter new password: 設定したいパスワードを入力  
Retype new password: 設定したいパスワードを再入力  
{CRAM-MD5}256f41a2b646bf66ae494370947623fd7a1f496442c81a0fdd9c2b1d994eb816

対象アカウントの情報を確認します。
このアカウント名〜ホームディレクトリまでの部分を後で使います。

grep demouser1 /etc/passwd  
demouser1:x:1000:1000::/home/demouser1:/sbin/nologin

パスワードファイルを作成します(vi /etc/dovecot/users)
先ほど確認したpasswdファイルのアカウント名〜ホームディレクトリ部分をコピーし、『x』の部分に生成したCRAM-MD5の文字列をはめ込んだ行を記載すればOKです。

demouser1:{CRAM-MD5}256f〜省略〜816:1000:1000::/home/demouser1/

サービス起動

systemctl start dovecot.service

サービスの自動起動設定

systemctl enable dovecot.service

これでdovecotの設定は完了です。